まいらいふ自由帖

役に立つかもしれない事や書きたくなった事を自由に発信しています。

古着屋にある服をさらに安く買う方法を紹介する

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20191129145425p:plain

今回は古着屋で販売されている服をさらに安く買う方法について紹介していこうと思います。

 

この方法について

紹介する方法は裏ワザ的なモノではなく誰でも簡単に出来ます。

慣れれば5分~10分くらいで出来るようになります。

注意してほしいのですが、法律に違反するようなことではないです。(多分大丈夫なはず)

ただ、こじんまりとしたお店の場合だと店員さんの目があると思うので実践するのは難しいかもしれません。

 

この方法で一番効果があるのは国外品で在庫が多く日本にも多く流通しているようなモデルだと思います。

国内モデルや元々在庫が少ないモデルだと難しいかもしれません。

 

服をさらに安く買う方法

方法は非常にシンプルです。

 

服のタグに書かれているブランドや品番などそれっぽいなと思う情報を全部覚えてください。

そして、それをグーグル検索に入力して検索をかけてください。

 

これだけでOKです。

検索してみると在庫が多い商品であればネット販売をしているショップが出てくることが多いです。(楽天市場やamazonなど)

最近だとメルカリなどのオークションサイトが検索に引っかかることもあります。

そこに出てきたページを開いて載っている商品を確かめてみて下さい。

おそらく同じ商品か似た品番のモデル、もしくは、夏や冬など欲しい商品と同じ時期に販売されていたモデルが出てくるかと思います。

同じ商品であればそのまま価格のところをチェックしてみて下さい。

別の商品であればブランドや品番の情報が間違っているか情報がニアミスしているかのどちらかなので、もう一度調べるか出てきた情報(〇年春モデルなど)を詳しく掘り下げて調べてみてください。

 

うまくいけばこの方法で古着屋に並んでいる商品よりも5000円から1万円ほど価格が安い同型モデルを買うことが可能です。(商品によっては新品で購入できることも)

同じ価格であってもネットの方は新品で買うことが出来る場合などもあります。

中古品でもよければオークションサイトでさらに安く購入することができる場合もあります。

 

なぜ安く購入できるのか

あくまで私の予想です。

服はあまり詳しくないので本当のところはわかりません。

 

入手ルートが海外からの買い付けの場合、経費等も含めて価格設定を行うはずです。

つまり、海外→経費等を含む移動→店頭へと並ぶというルートなのではないかと思います。

しかし、ネットで販売されている商品の場合、そのまま横流し品としてお店側が安く入手している可能性があると私は考えてます。

なので、極端ですが海外(もしくは国内)→店頭orネット販売というルートになっているのではないかと思います。

上のようなルートの場合、経費の部分が大きく削減できるので店頭に並ぶような商品よりもいくらか安く購入できるのではないでしょうか。

もしくは、店頭で並んでいたが売れないために値下げをしてネットで販売されているという可能性もあります。

ですが、店頭で売れなかった商品がネットのショップに並んだとしてもすぐ売れるとは限りません。

多くの人の目に留まる可能性が高いのはもちろんネット販売です。

しかし、楽天市場でよく見られているページにその商品が表示されたりグーグル検索でも検索上位に販売ページが入っていない以上、おそらくその商品に関するワードで検索をかけて販売ページを見つけない限りその商品にたどり着くことは非常に難しいです。

特定の方法でしかたどり着くことが出来ない場合、店頭からネット販売に移ったがそれでも売れないという結果に陥ってしまいます。

また、そのまま売れない期間が続けばさらに値下げされることもあるはずです。

これが古着屋の店頭で服を買うよりも服を安く買うことができるタネだと私は考えています。

在庫もあって価格も安い服なんてあるわけないと思いがちですが、上のようなケースが存在するならそこまでおかしな話でもないですよね。

 

(ここからは少し余談になります。)

おそらく海外に買い付けに行かれる方に多いのだと思うのですが、個人で経営されているような古着店の場合、適正価格が1万円台であっても経費等を含むことで2万円や3万円台の値段を付けることがあるのでしょう。

状態が良く値打ちのある商品であれば尚更強気で価格設定をすることもあると思います。

もしそうだとすれば、お店に並んでいる商品は適正価格よりも高い価格であってもおかしくないですよね。

ですが、服に対して詳しい知識を持っていない一般のお客さんはそれが適正価格だと信じます。

もちろん、その服を入手する手間暇だったり現物をその場で見ることができるというメリットを考えれば適正価格より高い価格でも当然です。

しかし、できることならもう少し安い値段で買いたいと思われる人も居ると思います。

そのような方は一度ネットで同じモデルが安く販売されていないか調べてみることをお勧めします。

 

実際に試してみた

私は古着屋の店頭で見たあるアウターが非常に良いデザインで欲しいと思ったのですが、そのアウターは23000円で販売されていました。

タグの情報を調べ検索をかけてみたところ、同じモデルがネットでは15000円で販売されていたのでその古着屋では購入せずネットで購入したことがあります。

正確に言えば、もしかしたら古着屋に並んでいたモデルと違うモデル(品番)だったのかもしれませんし状態も古着屋の方が良かった可能性はあります。

しかし、ネットの方が値段が安く新品であったこと、そして、私が見た限りでは同じようなデザインだったのでそちらを選びました。

実際に届いた商品は新品なので状態も良くデザインも同じデザインでした。(私が見た限りでは違いがわからなかった)

タグも古着屋で見たような商品と同じようなタグが付いていたので、ほぼ同じモデルだったのではないかと思います。

以上のように、私はこの方法を使って8000円も安く購入することができた経験があります。

そこそこ使える方法なのでマジでおすすめです。

 

終わりに

今回は古着屋にある服をさらに安く買う方法についてまとめてみました。

古着であればかなり効果的な方法だと思います。

誰でも実践できる方法なので気になる方はぜひ一度試してみてください