まいらいふ自由帖

引きこもりニートが気になった事や書きたくなった事を自由に情報を発信しています。

11月2日・11月3日に行われた重賞レースのレース回顧&次走要注意馬

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20191107001819p:plain

少し遅くなってしまいましたが、先週(11月2日・11月3日)行われた重賞レースについて個人的なレース回顧と、今レースの内容を踏まえ次走で要注意の馬をまとめていきたいと思います。

 

京王杯2歳ステークスについて

まずは11月2日に東京競馬場で行われた京王杯2歳ステークスについて解説します。

こちらはG2重賞レースです。

 

レース回顧

(気になる方はJRA公式サイトよりレース映像を見ることができるのでチェックしてみてくださいね。)

天候は晴れで馬場状態は悪くないように見えました。

JRA発表でも良馬場でしたし、特に馬場状態で荒れそうな要素はなかったです。

レース内容について、全頭スタートも良く好ダッシュを決めた8番ビアンフェがハナに立ち逃げる形で始まりました。

馬群は少し縦長になる形で進行しそのまま最終コーナーに突入。

8番ビアンフェが良い位置をキープしアドバンテージを維持したまま逃げ切るかと思われたのですが、その外から4番タイセイビジョンが大きく驚異的な伸びを発揮し差し切りました。

この2頭に続いて5番ヴァルナと10番グランチェイサーが入線し、少し間が開いて後続馬が入線するというレース結果でした。

 

次走要注意の馬について

タイセイビジョンはなんと今回レコード勝ちを納めています。

タイム・ペース共に過去の京王杯2歳ステークスと比べるとかなり早いものになっていますね。

展開的に考えるのであれば先行馬が軒並み潰れてもおかしくないのですが、ビアンフェ・ヴァルナ・グランチェイサーは潰れることなくついてきています。

純粋にこの3頭はプラスに評価してもいいと思います。

特に、この中でもビアンフェヴァルナは要注意ですね。

レコード勝ち・異常に早いペースを作り出したのはビアンフェの逃げが要因です。

ハイペースで逃げながらも馬群の中に沈むことなく2着で逃げ切ったというのは評価していい強い内容ですね。

馬体重もプラス24キロとかなり増量してきましたが、これは絞り切れていないというよりも成長分も含まれているでしょう。

今レースでの疲労をしっかり解消できるのであれば、次走でも狙うことができる要注意な一頭だと思います。

おそらく次は2歳G1レースへの出走だと思いますが、G1レースでも侮れない一頭ですね。

ヴァルナに関しては、馬体重がマイナス16キロというのが少し気になります。

おそらく本調子ではなかったと思うのですが、その状態であってもタイセイビジョン・ビアンフェの2頭に食らいついてきたというレース内容は評価できますね。

ヴァルナもしっかり疲れを取り調子を戻すことができれば要注意な一頭だと思います。

しかし、調子がそこまで上がらなかった場合は危険かもしれません。

2歳G1への出走ローテを目指していると思うのですが、場合によっては2歳時の内容ではなく3歳になってからの動きに注目したいですね。

タイセイビジョンに関しては、今レースで驚異的な伸びを発揮しましたし要注意以上に今後の内容に注目したい一頭ですね。

しかし、レコード勝ちの疲労も気になります。

疲労が取れず調子も上がらなかった場合、次走は危険かもしれません。

 

2歳戦の戦績が良くなくても3歳以降で全盛期を迎えてから活躍する馬もいるので、2歳戦の戦績を真に受けすぎるのも良くないです。

長い目で注目していきたいですね。

 

KBS京都賞ファンタジーステークスについて

こちらは11月2日京都競馬場で行われた2歳牝馬限定の重賞レースです。

こちらはG3重賞レースです。

 

レース回顧

(気になる方はJRA公式サイトよりレース映像を見ることができるのでチェックしてみてくださいね。)

天候は晴れで馬場状態も悪くないですね。

JRA発表でも良馬場ですし京都競馬場も馬場状態は良かったといえます。

こちらもほぼ全頭が良いスタートを切り、前半が早いペースで進行したこともあってか馬群はかなり縦長に伸びました。

その馬群も最終コーナー前ではある程度まとまり、ほぼ一つのかたまりとなって最後の直線へと向かいました。

どの馬もあまり伸びてこない中、好位に付けていた6番レシステンシアがそのままキープし1着でゴール。

その後は14番クリアサウンドが2着で入線するかと思ったのですが、その外から12番マジックキャッスルが大きく伸びて2着に入りました。

その結果、14番クリアサウンドは3着という結果に納まりました。

 

次走要注意の馬について

こちらは正直微妙ですね。

特筆すべき一頭は居ないように見えます。

おそらく頭数が多いことも影響していると思いますが、今レースでは最終コーナー時点で良い位置を取っていた馬が結果的に恩恵を得ることが出来たのではないかと思います。

気になるのはマジックキャッスルレシステンシアですね。

クリアサウンドの外からグングンと伸びてきてクリアサウンドを差し2着へと入ったのですが、他馬が思うように伸びない中で唯一伸びてきたというのは評価していい内容だと思います。

しかし、1着のレシステンシアとは1馬身もの着差が開いているので、やはり高い評価をつけることは難しいかと思います。

レシステンシアは良い位置を取れたことが有利に働いたように見えました。

ですが、他馬に差されることなく2着馬に1馬身もの差を開いてゴールしたことは良い内容です。

今レースでは見極めることはまだ難しく要注意とまではいきませんが、今後の出走レース・メンバー次第では気をつけた方がいい一頭かもしれません。

ここから良化する可能性も踏まえると今後の動きに注意ですね。

 

アルゼンチン共和国杯について

11月3日に東京競馬場で行われた3歳以上のハンデ重賞レースです。

こちらはG2重賞レースとなっています。

 

レース回顧

(気になる方はJRA公式サイトよりレース映像を見ることができるのでチェックしてみてくださいね。)

天候は曇りですが、雨も降っておらず馬場状態は依然として良いですね。

2500mという特殊な条件でのハンデ重賞なので馬にとっても厳しいレースとなっています。

ほぼ揃ったスタートから12番オジュウチョウサンが先頭に立ち逃げる形でレースが始まりました。

馬群は少し縦長ですが、特に目立った動きもなくゆったりと流れましたね。

レースが動いたのは最後の直線に入ってからでした。

内に入っていた7番ムイトオブリガードがそのまま位置をキープし、グングンと伸びてきました。

中団後方にいた2番タイセイトレイルもその後に続いてさらに内に位置をキープし、ムイトオブリガードに続いて伸びてきましたね。

結果的に、良い位置を取りスムーズな競馬ができたムイトオブリガードが1着、タイセイトレイルが2着に入りました。

ムイトオブリガードの外では、ポポカテペトル・パリンジェネシス・ウインテンダネスなどが居て楽な競馬が出来る状態ではないのですが、その中を1番アフリカンゴールドが少し強引にこじ開け、そのままスルスルと伸びて3着に入りました。

 

次走要注意の馬について

タイセイトレイルは少し驚きましたね。

私は先行して競馬をすると思っていたのですが、今回は中団後方からの競馬でした。

思っていた以上に脚を使えることができ、アフリカンゴールドに差されることもなく2着で入線することができたのは非常に良い内容だと思います。

そこそこ良い脚を持っていてそれが長く使えるということがわかったのは良いことですね。

おそらく今後さらに柔軟な競馬をする(もしくはチャレンジする)と思うので、出走レース・出走メンバーによっては要注意です。

また、タイセイトレイルはおそらく騎手がどういった騎乗をするかで左右されると思います。

今回のように実力があり調子が良い戸崎騎手、若手でも力をつけてきている騎手などが騎乗する場合は要注意ですね。

アフリカンゴールドはムイトオブリガード・タイセイトレイルの2頭と比べて激しい競馬をしているので、以前と変わらず評価してもいいと思います。

ですが、あくまでも3着ですし今回有利な条件がいくつか揃っていたはずなので能力を過信しすぎるのも危ない気がします。

個人的に面白いと思ったのはポポカテペトルトラストケンシンの2頭ですね。

ポポカテペトルは最後の直線で非常に良い脚を見せていました。

近走の成績からは考えられない走りなので、良化傾向にあるのであれば次走要注意ですね。

東京競馬場の成績が比較的良いことから東京競馬場の芝レースを得意としている可能性もあります。

次走が東京競馬場で行われるレースであれば注意しておいたほうが良いかもしれませんね。

トラストケンシンですが、最後の直線に入った時点で位置取りが非常に悪い状態でした。

3着以内はほぼ絶望的で掲示板以内に入れば御の字かという状態だったのですが、アフリカンゴールドの後に付いていきそのままグングンと伸びてきました。

結果、5着で入線し掲示板入りを果たしています。

上がりも非常に速く、位置取りが違っていれば3着以内もあったかもしれないと思わせるようなレース内容でした。

次走は何を狙うのかわかりませんが、トラストケンシンは間違いなく要注意な一頭です。

 

みやこステークスについて

11月3日に京都競馬場で行われた3歳以上の重賞レースです。

1800mのダートコースでG3重賞レースとなっています。

 

レース回顧

(気になる方はJRA公式サイトよりレース映像を見ることができるのでチェックしてみてくださいね。)

ダートコースですが、こちらも馬場状態は良馬場で非常に綺麗な状態に見えました。

ほぼ全頭揃ってスタートし、5番スマハマ・10番リアンヴェリテ・16番インティがハナを争う形で先頭に立ち、レースが始まりました。

前半のペースが異常に速く(たしか京都競馬場ダート1800mで最速っていうソースがありました)、馬群も非常に縦長な状態になりました。

それでも、最後の直線に入る前はその馬群もかたまり、1つの塊となって最後の直線に向かったのですが、前半が異常に速いペースで流れてしまったせいで逃げ・先行馬がほぼ全頭潰れてしまうという結果になりました。

そのため、後方で控えておいて最後の直線でうまく仕掛けてそのまま伸びてゴールした1番ヴェンジェンスが1着、ヴェンジェンスに続いてそのまま仕掛けてレースをしたキングズガードが2着、後方から競馬をして最後の直線で良い位置をキープしていたウェスタールンドが3着、という3着以内が全て差し・追い込みの脚質の馬で決まるという結果になりました。

非常に荒れたレース結果となりました。

 

次走要注意の馬について

注意してほしいのは前半が異常なまでに速く流れてしまったので、後半まで体力・脚が持たずに先行馬が3着以内にいないのです。

そして、今回は逃げ・先行馬に有力馬や人気馬が集まっていました。

そのため、差し・追い込み馬が3着以内を独占し荒れたのです。

なので、今回激走したからといって次走要注意かといわれるとそんなことはないと思います。

今回は展開が見事にハマって恩恵を得ることができたと考えた方がいいでしょう。(最後の直線手前で不利が発生していたことも考慮して)

その中でも1着のヴェンジェンスは非常に面白いですね。

近走では先行で競馬をしていますが、今回に限っては後方で控えた競馬をしています。

その結果、うまく他馬を出し抜くことができ見事1着となりました。

幸騎手の巧みな騎乗も大きく貢献していますが、突然の後方からの競馬にも適応できたヴェンジェンスの能力の高さも純粋に評価したいですね。

ヴェンジェンスは6歳馬なのでちょうど今レースぐらいがピークのギリギリな状態かもしれませんが、次走は要注意だと思います。(次走が7歳での状態だと少し衰えを迎えている可能性もあり)

その他で要注意な馬としては、先行馬でありながら5着に入ったワイドファラオ、同じく先行馬でありながら6着に入ったアナザートゥルースが挙げられます。

3着以内の馬と比べればそこそこ差は開いていますが、とにかくタフで厳しい競馬を強いられながらこの2頭は唯一上位着順に食い込んでいます。(ワイドファラオに至っては掲示板に入っている)

このレース結果は非常に評価の高い内容です。

次走はどのようなレースに出走するのかわかりませんが、この2頭は要注意ですね。

今レースを走り終えた馬は相当な疲労が溜まっているはずなので、疲労をしっかり取り除いて調子を上げてきていた場合、出走メンバーが強く質の高いレースであっても油断はできないです。

 

終わりに

今回は先週行われた重賞レースについてレース回顧と次走要注意馬について独自の見解を述べてみました。

取り上げた馬については、次走での予想に参考にしてもらえたらと思います。

ぜひ活用してみてくださいね。