まいらいふ自由帖

役に立つかもしれない事や書きたくなった事を自由に発信しています。

ユニクロの「ブロックテックパーカ」がオシャレでコスパも優秀だった件

今回はユニクロの「ブロックテックパーカ」2019年モデルについて記事を書こうと思います。

先日ブロックテックパーカを購入して街歩き用として何度か使用したので、その時感じたことなどをメインに書いていきます。

ユニクロ「ブロックテックパーカ」について

ユニクロの公式オンラインサイトへのリンクはこちらです▼

www.uniqlo.com

 

ブロックテックパーカとは以下の画像(ユニクロ公式オンラインサイトより引用)の商品のことです。

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190928165640j:plain

ウインドブレーカーのようなデザインのパーカーで、防水・防風の機能を備えた機能性の高いアウターとしても使える商品です。
ユニクロでは数年前から発売されており、年を重ねるごとにより優れたデザイン・機能性へとマイナーチェンジされてきました。

ちなみに、特徴として

・今季のアップデートポイントは、衣服に引っかかりにくいように袖口のベルクロを改良。
・耐久撥水、防水、防風、透湿、ストレッチ性を持つオリジナルの2.5層素材を使用。
・快適な着心地と動きやすさを両立するシルエット。
・かぶりやすく、収まりの良いフードのフィット感とデザイン。
・腕が上げやすく収まりやすいように、袖のシルエットを見直し。 

 を今年のモデルではアップデートしています。

私の記憶だと2017~2018年頃からすでにこのパーカの機能性・デザイン・コスパの良さが話題になっていたと思うので、今年のモデルはそこからさらに改良を重ねたといった具合ですね。

実際に着て何度か使用していますが、マイナスだと感じるポイントは特にありませんでした。

気になる人はぜひ公式のオンラインサイトでチェックするか、実際に店舗に足を運んでみて試着してみてください。

 

ブロックテックパーカの良いところ

機能性が優れているのはもちろんなのですが、私が感じた良い点もいくつかあったのでここではそれを紹介します。

①着るだけでも暖かい、動けばさらに暖かくなる

ブロックテックパーカ最大のメリットだと思います。

防水・防風の機能を備えており特殊な素材を使用しているので、着るだけでも暖かいです。

おそらく使用している素材かブロックテックパーカの作りが関係していると思うのですが、熱が非常に逃げにくいです。

じっとしていても、自分の体温によって内側がポカポカしてくるような感覚がしました。

また、熱が逃げにくいので動けばさらに暖かくなります。

肌寒い季節であっても、歩いたり走ったりすれば汗をかいてしまうくらい暖かくなると感じました。

さすがに真冬の中でこのパーカをアウターとして使用するというのは少し無理があると思いますが、それ以外の状況であれば秋冬でも問題なく使用できると思います。

冬でも気温があまり下がらない地域であれば、このパーカを使用して秋冬を過ごすこともできるかもしれません。

②値段が安い

セールなどの割引も含めばだいたい5000円から6000円で購入することができます。

5000~6000円台の商品でここまで機能性に優れた商品というのは、ほぼ存在しないのではないでしょうか。

ネットを駆使してくまなく探せばあるかもしませんが、基本的に5000円から6000円の価格帯で有名ブランドの商品で新品で同等の機能性を持つ商品というのはユニクロのブロックテックパーカ以外存在しないと思います。

この点から考えると、ユニクロのブロックテックパーカは非常にコストパフォーマンスが優れています。

もしかしたら、ユニクロが販売する商品の中でトップレベルにコスパの良い商品かもしれません。

この価格帯で同等の機能を持つライバル製品はおそらく存在しないので、パーカーのようなデザインで防水・防風に優れアウターとしても使える商品を探すのであればブロックテックパーカ一択です。

価格が安いという点もブロックテックパーカの大きなメリットですね。

③タウンユースに使用できる

ブロックテックパーカは非常にシンプルなデザインになっています。

余計な装飾もなくスッキリとしたスタイリッシュなデザインです。

なので、登山やハイキングといった運動用以外にもタウンユース用にアウターとして使用することができます。

ユニクロの公式サイトに載っているスタイリングだと以下のような画像がありました。

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190928173349p:plain

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190928173411p:plain

(ユニクロの公式サイトのスタイリングから引用しています。)

上は黒で下はグリーンなのですが、どちらもアウターとして似合っています。

ハイキングや登山などにもハードに使用できる商品には見えません。

このように、タウンユースとしても使用できるスッキリと洗練されたデザインもブロックテックパーカのメリットとして挙げられます。

また、カラーリングもグレー・黒・ネイビーといった主力のスリーカラー以外に赤・ブラウン・オリーブ(グリーン)といったカラーも用意されています。

私は汎用性を考えて黒を購入しましたが、ファッションとして使用するならネイビー・グレーや、ブラウン・オリーブもいいかもしれません。

ブロックテックパーカの少し注意したい点

画像を見てもらうとわかるのですが、ブロックテックパーカは襟の部分が自立するように作られています。

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190928165640j:plain

ジッパーを上まで閉めると、生地の厚みは薄いのですがしっかりと立つようにできています。

そのため、ジッパーを閉めるとデザインの関係でお腹から胸の辺りの緩みが無くなり非常にスッキリとします。

試着してもらうと実感できるのですが、人によってはワンサイズ小さめからジャストサイズだとお腹から胸のあたりが少し窮屈に感じてしまうと思います。

また、全体的にゆったりとしたデザインではなくスッキリとしたデザインなので、顔が大きく見えるといった顔の辺りが強調される可能性があるように感じました。

AラインやIラインのシルエットを作ることは簡単だと思いますが、顔の辺りが強調されてしまうことが嫌な人やYラインのシルエットを作りたい人は少し要注意かもしれません。

対処法として、ジッパーを上まで閉めないことやワンサイズ大きめのサイズを購入するといいと思います。

ちなみに、私はゆったりと着たかったのでワンサイズ大きめのパーカを購入しました。

Mサイズでも良かったのですが、個人的にはLサイズを購入して正解だったかなと感じています。

私は特にマイナスな要素として感じませんでしたが、購入される際は一度試着してから購入することをおすすめします。

 

実際に着てみた

購入後、出かける機会があったのでその時に着てみました。

季節的には秋(10月後半)ですが、夜になると急激に寒くなる日が増えました。

日によっては冬と同じくらい気温が下がることもあります。

そんな中、ブロックテックパーカを着て出かけてみたのですが暖かいですね。

内側からポカポカとしてくるような感じです。

私はその時インナーに半袖1枚しか着ていなかったのですが、それでも暖かくあまり寒さを感じなかったです。

しかも、その時はあまり動いていなかったのでたまに肌寒さを感じることがありましたが、歩いたり走ったりしていればさらに暖かくなり寒さを感じなかったのではないかと思います。

ただ、少し気になったのは肌触りですね。

特殊な素材を用いているためか、地肌と触れる部分(腕のあたり)に少し違和感を感じました。

おそらく着ていればそのうち慣れるか、どうしても慣れない人は長袖を着るといいかと思います。

また、「少し注意したい点」で取り上げたのですが、ブロックテックパーカのデザイン上、やはり胸回りが少し窮屈に感じました。

着ているうちにおそらく慣れると思いますが、慣れるまでの間は少し動きにくく感じるかもしれません。

 

終わりに

今回はユニクロの「ブロックテックパーカ」について書いてみました。

本当にオススメな商品で、ここ最近の買い物の中では「一番得したかも」と思っているほどです。

時期的にもこれから寒くなってくるので、ブロックテックパーカは非常にオススメですよ。

興味のある人はまず記事のリンクからユニクロの公式サイトに飛んでみてブロックテックパーカをチェックしてみてくださいね!