まいらいふ自由帖

引きこもりニートが気になった事や書きたくなった事を自由に情報を発信しています。

「続ける努力」よりも「始めるクセ」を身につけた方がいい話

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190925185951p:plain

今回は私の経験に基づいた事を書いていこうと思います。

私は以前「何事も続けることが重要だ」と思っていたのですが、最近は「続けるよりも始めることの方が重要だ」と思うようになりました。

継続することの難しさ

何事においてもそうですが、「ある物事を継続する」ということは非常に難しいです。

自分のやる気を常に維持し続けることは不可能ですし、結果を残したりその結果が思うような評価を得られなければやる気は次第に減少していきます。

また、挫折を味わったり困難に直面すると途端に継続できなくなってしまい、ドロップアウトしてしまうこともあります。

「継続するためには、継続することが苦だと感じないレベルまで習慣化すると良い」という話もよく聞きますが、スポーツなどの競技活動や創作活動などにおいては結果が伴うので習慣化することが難しいという問題も存在します。

身近な話で例えるなら、「何かを始めたはいいものの日常生活の忙しさから自由な時間が取れず結局やめてしまった」というのは良くあることですよね。

このように、何事において始めることは出来たとしても継続することは誰しもが出来ることではありません。

続けるだけでも相当の努力が必要になるのです。

 

続ける努力よりも始める癖を身につける

私は続ける努力も大事ですがまずは始めるクセを身につけた方がいいと思います。

これは私の経験から基づいています。

私はどちらかと言えば続けることが苦手なタイプです。

しかも、好奇心旺盛なのでとりあえず手を出してすぐやめるという典型的な「飽き性・三日坊主」タイプでした。

ちなみに、今は継続できるように努力していることもありますが、正直この性格は昔からあまり変わっていません。

しかし、「ブログを書く」ということに関して言えば、初めてブログを書いた時から1年以上続けることが出来ています。(こちらのブログは最近作った2つ目のブログです。実は1年以上前から更新を続けているブログが別であります。)

もちろん継続する努力も行っていますが、それ以上に私は始めるクセを身に着けたことが結果的に1年以上の継続に繋がっていると感じています。

 

なぜ始めるクセを身につけたほうがいいのか

始めるクセというのは、「新たに何かを始める」ということですが「今までやっていたけど止めたことを再開する」という意味でもあるのです。

何も新しいことばかり取り組む必要はありません。

今までやめていたことをもう一度始めてもいいのです。

物事を継続できない原因の多くは「段々と取り組む回数が減っていき、ある時を境に一切取り組まなくなった」ことだと思います。

そして、そのまま数か月間・数年間と時間が経過してしまうと今度は再開することが難しくなってしまい、投げ出してしまう・諦めてしまうという結果に陥るのだと思います。

しかし、始めるクセを習得してしまえば上記の原因に対処することができます。

取り組む回数が減った段階、もしくは一切取り組まなくなってからでも、再開することができるので結果的に継続することが可能になります。

始めるクセというのは一度切れたスイッチをもう一度入れ直すような感覚です。

たとえ、スイッチが切れたとしてもまたすぐそのスイッチを入れ直すことができればそのまま継続することができます。

 

始めるクセの身につけ方

ここからは始めるクセを身につけるために私が実践していることを書いていきます。

参考になるものがあればぜひ参考にしてみてください。

①やめるのではなく休むという選択をする

身の回りでも引退や卒業という言葉をよく耳にしますが、必ずしも引退・卒業しなければいけないということはありません。

スポーツ選手やアイドルなど引退や卒業をすることが求められる方々は居ますが、それ以外の方はわざわざ引退・卒業をする必要はないと思っています。

今取り組んでいることが段々と嫌になってきていると感じたら、一旦やめにして休みましょう。

その物事から思い切って離れてみることがいいですね。

その時は嫌でも時間が経てば、やる気や熱意がまた戻ってくることがあります。

立場上、引退や卒業というワードを用いなければならないという人もいると思うのですが、いつかまたやりたくなるかもしれないと思うのであれば、引退や卒業という言葉ではなく休止という言葉を用いてみるのもいいかもしれません。

やめるのではなく休むという選択であれば、再開する時の気持ちの負担や周りへの負担がグッと減りますよ。

②始めるために必要な物は取っておく

始めるために必要な物はきちんと取っておきましょう。

機材や道具など色々あると思うのですが、また始めたいと思った時に必要な物が一式揃っているというのは非常に大きなアドバンテージになります。

例えば、サッカーをやっていたけどやめてしまったという人の場合、またやりたくなった時にサッカーボールやスパイクが手元にあるのと無いのとでは状況が大きく変わってきます。

無い場合はまた一から買い直さなければいけないのですが、その手間のせいでせっかくやりたいと思った気持ちが失せてしまうということになりかねません。

自分からやりたくなった時のやる気やモチベーションというのは爆発力があります。

このやる気やモチベーションをそのまま活かすことが出来ないというのは非常にもったいないです。

このやる気やモチベーションこそが継続するために必要な物なので、無駄にしないためにも再びやりたいと思った時にすぐに始めることができるような環境は作っておきましょう。

 

終わりに

今回は自分自身の経験に基づいた事について書いてみました。

上記の事を実践すれば次第に始めるクセは身についていきます。

始めるクセを身につければ再開することが楽になるので、結果的に継続することも楽になります。

飽き性の私が1年以上もブログ活動を続けることができているのは、この始めるクセがあるからです。

今悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!