まいらいふ自由帖

役に立つかもしれない事や書きたくなった事を自由に発信しています。

【レビュー】集中力を鍛えようと思うなら『自分を操る超集中力』は読むべきだ

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190925132721p:plain

今回はメンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』について紹介しようと思います。

おそらく本のジャンルは自己啓発ですが、内容はほぼ全部ライフハックです。

ためになることばかり書かれているので、一度読み終えた人でももう一度読み直してみると新たな発見があると思います。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

『自分を操る超集中力』は集中力を高めるための入門書

私がこの本を一言で表すとしたら、「集中力を高めるための入門書」だと思います。

 

集中力に関する事はこの一冊を読み込むだけで全てクリアできます(あくまで私の考えです)

インターネットで長時間調べたり書籍を読み漁る必要はありません。

何か疑問が生じた時は、この本を読めば大体のことは解決すると思います。

 

なぜ入門書なのかというと、どんな方であっても「集中力を身につける」という目的の取っ掛かりに最も合う本だと思ったからです。

イラストやカラーページがたくさん挿入されていたりページ数も文字数もそこまで多くないので非常に読みやすいのです。

また、目次の表記もわかりやすく自分が気になる箇所が一目でわかります。

そして、難しいことはほとんど書かれていません。

書かれている内容は小学生や中学生でもわかるレベルです。

さらに、内容のほとんどが有益なものばかりです。

全4章で構成されており章ごとに内容は変わりますが、どの内容も理解できたらすぐに日常生活に活かせそうなものばかりが紹介されています。

集中できる人もできない人も「とりあえず今よりもっと集中力を高めたい」と思うのであればこの本を読んだ方がいいです。

変に調べて凝り固まってしまうよりかはこの本を最初から最後まで通して読むほうがいいと思います。

読んでみて気になる箇所があれば、さらに詳しく調べてみたり他の文献を読んでみるとより知識を吸収することができます。

集中力を高めたいと思ったらまずはこの本で取っ掛かりをつかむ。

そんなイメージの本だと思ってください。

 

中身の紹介

『自分を操る超集中力』は全4章で構成されています。

 

第1章は「集中力とはどういうものなのか」という説明と集中力の鍛え方が主に紹介されています。

集中力とは何なのか?という説明や、どうすれば集中力を鍛えることができるのかという点についてフォーカスが当てられています。

立ち読みや「本買うのはちょっと・・・」と躊躇される方は、まずは第1章を読んでみてください。

第1章は少し抽象的な部分もあるように感じましたが、全ての章の基礎となるので読んでおいて損はない章です。

 

第2章は集中力の質を高める方法が紹介されています。

第1章の内容を受けて、第2章では集中するためのスイッチを入れる方法が書かれています。

(少しネタバレになりますが、)姿勢や場所、瞑想など「こういうことをすると自然と集中力が高まって集中しやすくなるよー!」的なことが主に書かれています。

特に私が興味を惹かれたのは、食事の部分ですね。

私も含め食事をおろそかにしている人は多いと思います。

ですが、集中力を高めるためには食事に目を向けることも大切であり、食事や瞑想など集中力に関することがここでは書かれています。

集中力が高まりやすい食品などがここで紹介されているのでぜひこの項目は読んで欲しいです。

 

第3章は集中力の回復方法について書かれています。

厳密には集中力の低下は起こっておらず、疲労感などから脳が勝手に体にストップをかけているということがこの章では説明されています。

なので、ここではその集中を妨げる「疲労感」を回復させる方法を紹介しています。

「普段は集中できるけど今は全然できない。体がしんどい。」という方はこの章をまず先に読んでみてもいいかもしれません。

 

第4章は集中力を生み出す時間のテクニックについて書かれています。

どういうことかというと集中力というものは本来長時間続くものではないのですが、作業時間などを工夫することで集中力が高まり長時間続くようになるテクニックが紹介されています。

ここで紹介されるのは時間術です。

この章が最もライフハックに近い内容かもしれません。

ちなみに、私はここで紹介されていた「ポモドーロ・テクニック」というテクニックと「アイビー・リー・メソッド」というテクニックを活用しています。

私が実践しているのはこの2つだけですが、質が低くても実際に集中することができています。

他の方法もいくつか紹介されているので、今すぐ集中したいという方はこの章をしっかりと読み込んでみてください。

時間術を実践するだけでも集中しやすい環境ができるようになりますよ。

 

終わりに

今回はメンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』という本をレビューしてみました。

この本に書かれている内容は全て役に立つといっても過言ではないかもしれません。

少なくともゼロの状態から自分で調べるという作業は省くことができるので、かなり楽になります。

気になることがあった時にすぐ読むことができるよう本棚に常に置いておきたい一冊です。