まいらいふ自由帖

引きこもりニートが気になった事や書きたくなった事を自由に情報を発信しています。

本が嫌いだった私が読書をするようになった本の選び方や読む時に気をつけている事をまとめてみた

f:id:hikikomori-bunkei-neet:20190925132511p:plain

今回は私流の本の選び方や本を買う時に気をつけていることなどを書いていこうと思います。

 

実は、私は元から本が好きだったわけではありません。

去年に本を読むことも大切だということを知り、それから少しずつ本を読むようになって今ではスキマ時間があると本をちょこちょこ読むようになりました。

そのおかげもあってか、今は「もっと本を読む時間が欲しい」と思うようになったほどです。(時間の使い方が非常に下手くそなので思うように時間がとれていないですが)

本が好きではなかった私が日頃から実践している本の選び方や買う時に気をつけていることなので、今回はどちらかといえば読書が苦手な人や読書の習慣がまだ身についていない人向けの記事だと思います。

私のように「本は好きじゃないけどもっと読書をした方がいい」と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

本の選び方

まずは本の選び方から紹介していきます。

①目次は絶対にチェックする

買おうか買わないか迷ってしまう時は必ずあると思います。

そのような時、私は必ず「目次をチェックする」ようにしています。

小説のようなストーリーのある本だとあまり意味はないのですが、実用書や専門書のような本の場合だと効果的です。

迷った時はこれを実践し自分が読みたいと思う部分がたくさんあるかチェックします。

たくさんあればあるほどそれだけ購入意欲が高いと客観的に判断できるので、その時はその本を購入するようにしています。

また、私の場合、読みたい部分が少ない時や気になる部分が2~3箇所しかない時は立ち読みで済ませています。

このような場合は読み終わった後、すぐにスマホのメモ帳などに要約をさっとまとめます。

その日の間であればその要約を見ることで立ち読みした本の内容を思い出せますし、気になる箇所は家に帰ってからネットで検索したり調べることもできるので、購入せず立ち読みで済ませた場合セットで簡単にメモを取っておくことは非常にオススメです。

ちなみに、私の体感ですが、立ち読みで済ませた場合、そのメモを基に自分で調べると疑問に感じた部分やわからなかったことが解決してしまうことが多いです。

 

②自分が買いたいと思った本は中を読まずにあえて即買いする

いわゆる「ジャケ買い」というやり方に分類されるやり方だと思います。

私は自分が欲しいと思った本はあえて中を読まずに即買いしています。

購買意欲がすでに高まっているので中を見る必要がないということと、あえて見ないことで読みたいという気持ちを高めることが目的です。

小説などはこの買い方をすることが多いですね。

ただ、なんでもジャケ買いしているわけではないです。

ジャケ買いする時は、即買いしてもいい基準を基に判断します。

 

選ぶ時の基準

Amazonのレビューをチェックする

本を選ぶ時の基準の一つとしてAmazonのレビューをチェックすることがあります。

ですが、私はあくまで保険としか捉えていません。

「気になるけど実際どうなのだろうか・・・?」と思った時にレビューをチェックするという感じですね。

気を付けてほしいのは、レビューだけで買うことはほぼないということです。

買う時の判断材料になりますし、レビューをチェックするのもオススメですよ。

 

ブログ記事や2ちゃんねるのまとめスレから探す

私はレビューのチェックよりもこちらを利用する方が多いですね。

購入している本の大半は、実はブログ記事や2ちゃんねるのまとめスレで紹介されていた本だったりします。

ブログ記事の場合だと事細かにレビューがされていることが多いですし、2ちゃんねるのまとめスレだと1つのスレでかなりの本数が紹介されています。

なので、私は本を探す時ブログ記事や2ちゃんねるのまとめスレを参考にすることがあります。

ブログ記事やまとめスレとプラスでAmazonのレビューもチェックするという感じです。

 

本を買う時に気をつけていること

本を買う時や選ぶ時に気をつけているポイントは、「読んだ後に書かれたレビュー」をチェックするということです。

ブログ記事や2ちゃんねるのまとめスレはその傾向が高いように感じます。

特に、ブログ記事で本を読んでいないのにレビューをしているという人はほぼ見たことがないですね。

ちなみに、私がAmazonのレビューをあまり信用しておらず保険程度にしか扱っていないこともこのポイントが関係しています。

あらすじがしっかり作られていれば本を読まなくてもレビューが書けるので、怪しいレビューをできるだけ避けるためにAmazonのレビューは保険程度に参考するということにしています。

注意してほしいのは、ブログ記事でも2ちゃんねるのまとめスレでも同じことが言えるので、Amazonのレビューだけが悪いということではありません。

ブログ記事やまとめスレでも怪しい内容の物はたくさん存在していますので、書かれている内容をしっかりと読んで判断する必要があります。

ですが、どちらかと言えば私の中で信頼できるのはブログ記事や2ちゃんねるのまとめスレの方です。

 

本を読むコツ

まずは興味のあるジャンルの本から読む

読み慣れていない人はまずは興味のあるジャンルから読むようにしてみてください。

最初から難しい本を読んでも、中々読み進むことができないですし本によっては難しい言葉が多用されており全く意味がわからない場合もあります。

そうなるとせっかく出てきた読書に対するモチベーションが一気に無くなってしまいます。

それを避けるためにも、興味のあるジャンルの本から読むことをオススメします。

絵本のように挿絵がたくさんあって難しい言葉が使われていない本から読んでみるのもオススメですよ。(ちなみに私は絵本から読み始めました。)

 

15分だけ読む

30分、1時間とわざわざ長い時間をかけて本を読む必要はないです。

「短い時間だと全然読めないのでは」と思う人もいるかもしれませんが、実は15分という短い時間でも10~20ページくらいは読めたりします。(活字に慣れている人ならもっと読めるはず)

読み慣れていない人は、まずはスキマ時間のような短い時間を利用して少しずつ本を読んでみてください。

 

本が読めない時は黙読ではなく音読で読んでみる

見落としがちですが、音読で読むというのも大事なコツです。

たまに黙読だと本が読み進まないということがあります。

読めるのですがスムーズに読めないといった感じでしょうか。

そういう時はぜひ一度音読をしてみてください。

内容もスッと入ってきますし声に出して読むので確実に読み進むことができます。

しかも、声を出して読んでいるので眠くなったりしないんですよ。

私も読み進まない時は実践している方法なので苦手な人は音読も取り入れてみてください。

 

終わりに

今回は普段自分が行っている本の選び方・基準や気をつけていること、読むコツについて書いてみました。

私のやり方が参考になったという人はぜひ取り入れてみてくださいね!